参考書の買取りで高値で売れるのはどこ?

受験が終わると赤本やテキスト、問題集など参考書関係の本が大量に不要になります。
私自身も大学受験の時に代ゼミに通っていましたが、かなりの量のテキストがありました。

その頃は代ゼミのテキストが売れるなんて知らなかったので受験が終わると同時にヒモで縛って普通にゴミとして捨てていましたが、今では結構予備校のテキストや参考書の類の本は結構売れるらしいですね。

で、本を売るなら真っ先に思い浮かぶのがブックオフなどの古本屋ですが、ちょっとでも高値で売りたいならオススメはメルカリやヤフオクなどです。

これも経験があるのですが、過去に大学の授業で仏教に関する授業があってその授業では必ず仏教の教科書というか参考書が必要で大学にある本屋だと軽く2000円とかで売られていたりします。

そんな何の興味もない教科書や参考書でも単位を取るためには買わなければいけません。
正直新品でなくても中古で十分だったりするんですよね。

そんな時にフリマアプリやオークションでその参考書や教科書が仮に1000円で売られていたら間違いなく購入するでしょう。

こんな感じの理論で参考書や教科書って結構高値で売れることが多いんですよね。
実際にメルカリとかで参考書を検索してみると500円~ぐらいの高値で売れています。
ブックオフだったらせいぜい10円とか20円ですからね。

わざわざ出品するのが面倒な場合でもせめて参考書とかを専門に扱っている買取サービスに売ったほうが絶対に高値で売れるでしょう。

関連:参考書や赤本の買取りを専門にしている宅配買取りサービス