正しい洗顔の仕方

洗顔をする時、汚れをキレイに落とそうとしてしまいがちですが、あまり洗いすぎてしまうとお肌に必要な皮脂まで落としてしまうので要注意!洗顔後につっぱった感じがする時は洗いすぎのサインです。正しい洗顔は、きめ細かいたっぷりの泡で手が肌に触れぬように優しく洗うこと。泡立ちネットを使うと簡単に泡が出来るのでとても便利です。忙しい時には特にゴシゴシと洗ってしまいがちですが、刺激を与えてしまいお肌へ負担がかかってしまうので、絶対にゴシゴシと洗わないようにして下さいね。お肌に必要な皮脂を落としてしまうと、水分が逃げて乾燥してしまい、様々なトラブルが発生してしまいます。どうしても物足りなく感じてしまい手を使うなら、薬指のはらを使って優しくくるくると洗うと良いです。中指や人差し指に比べ、薬指は比較的力が入りにくくなっているので優しく洗顔する事が出来ます。他に気をつけておきたいのが洗顔前のクレンジングです。クレンジングで全てのメイクをしっかりと落とそうとすると、お肌への負担も大きいので、過剰なクレンジングはおすすめ出来ません。洗顔もクレンジングも、正しい方法で優しく行って下さいね。

発泡剤と研磨剤なしの人気歯磨き粉