メラトニンにアンチエイジング効果があるのは嘘!?

メラトニンは睡眠に大きく影響を与えるホルモンの一つとして知られています。
メラトニンがしっかり分泌されていれば、スッと眠りにつけるのはもちろんですが、
その他にも睡眠中に体の修復や脂質の代謝にも繋がります。
睡眠は美容にとっても重要な要素の一つですが、このようなメラトニンの働きも
メラトニンの分泌が増えるとアンチエイジングに効果があると言われている理由でしょう。
ちなみにメラトニンは脳の松果体という部分から分泌されます。
メラトニンの血中濃度は光によってコントロールされていると言われていて、
朝に日の光を十分に浴びることでその14時間後ぐらいから分泌が増え、夜にピークを迎えます。
そして、メラトニンには抗酸化作用があるのでアンチエイジングにいいんですね。
つまりメラトニンの分泌を増やせば体の酸化を直接的・間接的に抑えてくれるので
アンチエイジングホルモンとも言われています。
そんなメラトニンの分泌を増やすためには規則正しい生活や、メラトニンと対のような
関係にあるセロトニンの分泌を増やすといった方法があります。
また日本では販売されていませんが、海外ではメラトニンサプリメントがあって、
直接メラトニンを摂取している人も多いです。
基本的には睡眠を改善するためのサプリメントですがメラトニンのアンチエイジング効果に
注目が集まっているのでメラトニンサプリを個人輸入する女性も増えています。

関連:メラトニンサプリを海外から通販する方法とおすすめの販売店

海外個人輸入代行の医薬品はどこから来るの?

普通医療用の医薬品は病院で診察を受けて、医師から処方箋をもらって
病院や病院近くの薬局に行って処方されます。
医療用の医薬品は楽天などの国内通販サイトや薬局、ドラッグストアのような
市販の販売店では購入することができないので処方箋をもらうしか入手する
方法はないように思いますが、実はもう一つの入手方法があります。

それが海外からの個人輸入なのですが、そもそも海外から個人輸入する際の
医薬品は一体どこで製造されているのでしょうか?
個人輸入の医薬品の製造元はいくつかあります。
例えばイギリスやアメリカで製造されている医薬品などもありますが、
そのほとんどは中国やインドで製造された薬だと言われています。
中国は文字通り、著作権を含めてなんでもアリの国です。
医薬品の特許などもあってないようなものです。
インドでは医薬品の製造方法や成分に関する特許が認められていません。
そのため、同じ成分で医薬品を製造することができるのです。
このようなインドで作られた薬をインドジェネリックと呼びます。
個人輸入以外にもインド周辺の新興国ではインドジェネリックの薬が良く使われています。
日本で製造された医薬品と比較すると薬の安定性は低いですが、国境なき医師団などでも
使用されているので安全性はそれなりに確保されていると言えるでしょう。

関連記事:どこで売ってる?通販で買える君

参考書の買取りで高値で売れるのはどこ?

受験が終わると赤本やテキスト、問題集など参考書関係の本が大量に不要になります。
私自身も大学受験の時に代ゼミに通っていましたが、かなりの量のテキストがありました。

その頃は代ゼミのテキストが売れるなんて知らなかったので受験が終わると同時にヒモで縛って普通にゴミとして捨てていましたが、今では結構予備校のテキストや参考書の類の本は結構売れるらしいですね。

で、本を売るなら真っ先に思い浮かぶのがブックオフなどの古本屋ですが、ちょっとでも高値で売りたいならオススメはメルカリやヤフオクなどです。

これも経験があるのですが、過去に大学の授業で仏教に関する授業があってその授業では必ず仏教の教科書というか参考書が必要で大学にある本屋だと軽く2000円とかで売られていたりします。

そんな何の興味もない教科書や参考書でも単位を取るためには買わなければいけません。
正直新品でなくても中古で十分だったりするんですよね。

そんな時にフリマアプリやオークションでその参考書や教科書が仮に1000円で売られていたら間違いなく購入するでしょう。

こんな感じの理論で参考書や教科書って結構高値で売れることが多いんですよね。
実際にメルカリとかで参考書を検索してみると500円~ぐらいの高値で売れています。
ブックオフだったらせいぜい10円とか20円ですからね。

わざわざ出品するのが面倒な場合でもせめて参考書とかを専門に扱っている買取サービスに売ったほうが絶対に高値で売れるでしょう。

関連:参考書や赤本の買取りを専門にしている宅配買取りサービス